LA VITA E BELLA  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アメリカの起こした戦争

先程TVでアメリカが起こした戦争における被害についての番組がやっていた。

ベトナム戦争時には枯れ葉剤が使用されていた。
この影響で、今でもベトナムでは奇形児だったり白血病であったりする可哀想な子供達が沢山産まれている。
彼らは戦争を経験した人々の孫の代である。
米軍が残して行った枯れ葉剤が、川や湖に残り、そこで生息していた魚を食べた人間の体に被害がおよんでいる。

そして湾岸戦争。
ここでは米軍兵士達にも内緒で劣化ウランを使用して戦争が行われたという。
そのため戦争から帰還した兵士にも、白血病や癌になった人間がいる。
その兵士の子供達もまた奇形や障害を持って産まれている。

今のイラク戦争。
ここでも劣化ウランが使用されているのがわかったらしい。
この戦争から帰還した米軍兵士から産まれた赤ちゃんの手には指がなかった。

アメリカ政府は劣化ウランが人間の体に与える影響は極めて少ないと報道しているらしい。
一体アメリカという国はどうなっているのだろう?

日本の自衛官がいるサマワでも劣化ウランは発見されている。
数年後にイラクに行った自衛官やその子供達に、劣化ウランの影響が出ていたら日本の首相はどう言い訳するのだろう?

なんだか、恐ろしいことになりそうでコワイ。




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。